年子姉妹とたのしむ育児

年子姉妹の子育て、小学校生活、家庭学習、子どもと過ごす毎日の暮らしについて、母親の視点で書くブログ

*

長女、金管クラブの校内オーディション(トロンボーン)に合格

   


DSC_1210.jpg
DSC_1210.jpg / Byron and Tamara


娘たちの通う小学校では、高学年だけが参加できる「金管クラブ」というものがあり、通常の(授業として行われる)クラブ活動とは別に、活動をしています。
活動は、4年生の終わり頃~6年生の終わり頃までの約2年間で、市内の音楽コンクールに出場したり、運動会などで演奏を披露したりするので、低学年の子たちにとっては、ちょっとした憧れの対象。


うちの娘たちも例にもれず、高学年になったら自分も金管クラブに入るんだ!とずっと言っていました。2学期の終わり(12月後半)に、長女たち4年生を対象に金管クラブの体験が2回あり、その体験に参加して、いよいよやりたい気持ちが高まった長女。

参加申し込みをした子どもたちは、冬休みの間、マウスピースで音を出す練習をし、3学期に校内オーディションで選考をされるとのこと。毎年「入りたかったけれど、オーディションに落ちちゃって・・・」という話を耳にしていたので、入れるかなぁ?と親子でドキドキ。
(でも、長女はマウスピースで音を出すのは意外とすんなりできていたので、大丈夫そうかも?とも思っていました。)

「第一希望の楽器は、アルトホルンかユーフォニウムにしようかなぁ・・・」なんて言っていたのですが、最終的に、長女はトロンボーンで希望を出したようです。
なんでも、体験でトロンボーンを吹かせてもらったときに、音が出せて、褒められたのが嬉しかったようです。^^ 長女は学年の中でも背が高く、体が大きいほうなので、トロンボーンのような大きな楽器は、なんとなく似合いそうなイメージ。
(・・・って、私は金管楽器のことは全然わかっていないのですが。)

そして、先日オーディションがあり、無事に第一希望のトロンボーンで合格しました! この日は、「お母さん、ビッグニュース!」と興奮した表情で、帰ってきました♪

今週から、週1で練習が始まるらしく、長女はいまから練習が待ち遠しくて仕方ない様子。私も長女がトロンボーンを演奏する姿を見られる日が楽しみです♪
ちなみに、次女も来年金管クラブの募集があれば応募するといっているので、うまくいけば、姉妹同時に在籍して、演奏できる日が来るかも。わくわくします。^^


スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


 - 小学校生活