年子姉妹とたのしむ育児

年子姉妹の子育て、小学校生活、家庭学習、子どもと過ごす毎日の暮らしについて、母親の視点で書くブログ

*

カチカチ押すのが楽しい! テープライターDYMO(ダイモ)

      2017/05/06


DYMO(ダイモ)

妹からDYMO(ダイモ)をもらいました。なんでも、妹のお気に入りらしく、子どもの学用品や持ち物用に、いろいろカチカチ打ってネームシールを作っているのだとか。
ダイモってかなり昔からある気がしますが、実は私は使ったことがありません。

テプラは使ったことがあるんですが、テプラがテープに文字を印刷(プリント)するのに対し、ダイモは打ち込むことでテープに凹凸をつけ、文字を浮き出させる仕組み。
アナログなんだけど、不思議とレトロかわいい雰囲気ですよね。^^


ダイモ ラベルバディ

DYMO ダイモ

ダイモはエンポシングテープ・ライターのペストセラーです。ダイモは名前や文字を打ち込んで貼れる便利なテープで、永年世界中で愛用されています。
ダイモはテープ幅、カラーや文字盤など豊富な種類を揃えています。ご自分の名前をテープに打って持ち物に貼ったり、公共施設で備品の管理のためにテープを使ったりといろいろなところで活躍します。

(オリエント・エンタプライズ サイトより引用)

DYMO(ダイモ)

コーヒー豆を入れる缶に貼ろうかな~と”coffee”のラベルを作ってみました♪
ちなみに、妹のダイモは大文字英字タイプらしいのですが、私がもらったダイモは小文字英字タイプ。まるっこくてカワイイですね。ハートマーク(♡)や星マーク(☆)などもありました。カチカチ押して作るのも楽しくて、ついつい「次はなんのラベルを作ろうかな~♪」と必要以上にラベルを作ってしまった私(笑)

これは、娘たちがやりたがるだろうなーと思ったら、案の定、奪い合いになりました。操作も簡単で、説明書などを見なくても直感で使うことができるので、子どもでもOK。(あまり小さい子だと握力が足りないかもしれませんが。)娘たちは、おもちゃで遊ぶような感覚でネームラベルを作っていました。

黒テープに白文字が浮き出しているラベルは、年代や性別を問わず使えると思うので、今度は夫のネームラベルを作ろうっと♪ (何に使うかわかりませんが。)

値段も手ごろなので、一家に一つこういうのがあってもいいなぁと思いました。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


 - 子育てのつぶやき