年子姉妹とたのしむ育児

年子姉妹の子育て、小学校生活、家庭学習、子どもと過ごす毎日の暮らしについて、母親の視点で書くブログ

*

中学生のときに親抜きでの海外経験&ホームステイをするということ

公開日: : 英語・英会話

親子ホームステイ

私の住んでいる自治体には「中学生海外派遣事業」というものがあり、毎年夏休みに市内の中学3年生をカナダに9日間ほど行かせてくれます。

各公立中学校から4名、合計30数名の生徒を選出、自治体職員と教師が引率し、カナダの一般家庭でホームステイ&カナディアンロッキー観光を体験という内容。

しかも、費用(全部で30万円ちょっと)の半分を自治体から補助してもらえます。

わが家の長女(現在14歳)は、小さいころからいろんな国々に連れていったせいか、海外に興味津々。案内が配られた日には帰宅するとすぐに私に書類を見せ、翌日には参加希望を出しました。

といっても、毎年人気がある企画なので、申し込んだから行けるというわけではなく、作文・リスニングテスト・面接による選考のあと、”抽選”になるそうです。

聞くところによると、最終的に”抽選”なので、運しだいらしく、行けるかどうかはわかりませんが、私自身も14歳のときに市の事業でアメリカに2週間ほどホームステイに行くことができて、すごく良かったので、長女もそういう経験ができるといいなと思っています。

海外ホームステイ

現在中学生の娘たちが小学生のときに、母娘でアメリカの友人宅に親子ホームステイをしてきました。そのときのことは以下のサイトに途中までまとめています。

小学生と行く!親子で短期ホームステイ

このときの親子ホームステイが、娘たちに海外・外国人・英語へ強い興味を持たせるきっかけになったのは間違いありません。

ただ、長女に言わせると、「英語が話せるお母さんといっしょだったから、ちょっと困ったらお母さんに頼ればよかった。でも、いまはもっと英語を話せるようになりたいから、お母さん抜きで海外に行きたいし、ホームステイを体験してみたい。」とのこと。

あぁ、その気持ち、よくわかります。私も中2年の夏休みに初めてアメリカに行き、アメリカ人の家庭で約2週間のホームステイを体験し、家の中ではいっさい日本語が通じない=私が英語を話すしかないという環境下で、下手でもなんでもとにかく気持ちを伝えるために英語を話したことをよく覚えているからです。

それで英語を話す度胸がついたし、海外への憧れや興味、英語への情熱も高まったおかげで、私は大学も外国語学部を選び、20代半ばにはオーストラリアにワーキングホリデーにも行きました。

そして、現在は旅ライター&旅ブロガーという仕事で、海外へ取材に行くことができています。これも、根っこにあるのは中学2年のときのあのアメリカでのホームステイ体験だろうな…と思わずにいられません。

中学生のときに親抜きでの海外経験&ホームステイをするということは、やっぱりすごく貴重な体験だと思います。

選考&抽選があるので、娘がこの夏カナダに行くことができるかどうかはまだわかりませんが、行くことができるよう、願っています。

余談ですが、娘たちは小学生のときにオンライン英会話を少しやっていたのですが、それも英語への興味を高めるのに役立ったと思っています。ネットのおかげで、安く手軽に英語に接する・英語を話す機会を持てる今の子どもはラッキーですね。

子どもオンライン英会話教室はおすすめ? 詳細と体験談の口コミ

長女、英検準2級一次試験合格! 月末の二次試験に向けて対策を。

公開日: : 最終更新日:2018/03/26 英語・英会話

英検準2級 一次試験結果

先日、娘(中2)が英検準2級を受験し、一次試験に見事合格してました♪

自分が英検受けたのなんてもう20数年前のことだから記憶にないのですが、いまはリスニング600点+リーディング600点+ライティング600点で、計1800点満点なのだとか。(※配点は級により異なるようです。)

続きを読む

百人一首(競技かるた)にハマって、かるた会に入った次女。広げた「枠」の中から好きなものを見つけた話

公開日: : 最終更新日:2018/02/22 子どもの習いごと

百人一首 かるた
中学に入学したばかりの次女(12歳)は、昨年冬から百人一首(かるた)に夢中です。


きっかけは、競技かるたをする女子高生が主人公のマンガ『ちはやふる』。

テレビアニメを見て好きになり、あまりに夢中なので、クリスマスに(長女と合わせて2人分として)『ちはやふる』コミックス全巻セットをプレゼントしました。


そこから次女はどんどん百人一首にはまり、秋頃には一首も覚えていない状態だったのに、冬休みには百首全部を暗記。さらに「決まり字」も覚え始めました。

(長女も『ちはやふる』に影響されたのと、次女と毎日のようにかるた対戦をしたため、かるたがだいぶ強くなりました。1月に行われた中学校の百人一首大会では、3人対3人のチーム戦でひとりで50枚取り、団体の部と個人の部の両方で1位を獲得。しかし、それで満足してしまい、その後は特に百人一首に興味を示さなくなりました。)

百人一首をする次女
百人一首にハマッてからの次女の行動がすごかった!

クラスで百人一首が好きな女の子を見つけて仲良くなり、家に連れて来たり、その子の家に行ったりしてかるたを取る。部屋では百人一首のCDを流し、素振りも。


iPadで地域のかるた会を探して、練習日を調べ、代表者へ見学&体験の申し込みをしてほしいと私に頼む。


かるた会の練習日当日、私は用事があり送迎できなかったのですが、一人で自転車で会場へ行き、しっかり2試合対戦。


入会方法と年会費についても話を聞いてきて、帰宅後私に説明し、入会したいというので、私が代表者へ連絡をし、入会の意思を伝える。


次の練習日に年会費の支払い&正式入会。


全国で行われているかるた大会の日程と開催地を調べ、5月に岐阜県で行われるかるた大会(E級)にエントリー。


・・・とまぁ、こんな感じ。親もびっくりのリサーチ力&行動力です。

ちなみに、入会したかるた会は月に2回ほど練習日があり、9時~17時までやっているのですが、初心者(級を持っていない人)は午前中しか参加できないとのこと。

少しでも長くかるたをやりたい次女は、早く級を取って丸一日の練習に参加したい、強い人と対戦したいと目をキラキラさせながら言っています。

子供の競技かるた(百人一首)の習い事はおすすめ? 口コミと体験談

私自身は百人一首はわりと好きだし、子どものころは冬休みに妹たちとかるたをやったりもしました。今でも覚えている句もそこそこあるのですが、もう次女と対戦しても一枚も取れません。ちょっと悔しいですが、次女がこんなにも夢中になれるものに出あえてよかったなという気持ち。

どうして次女がここまで百人一首(競技かるた)にハマったのかはわかりません。
環境が要因のひとつではあると思うのですが、同じ環境を与えても、長女はそこまでハマらず、次女はハマったわけですから、環境がすべてとは言い切れないですよね。

「環境」×「生まれ持ったもの」×「タイミング」…?

正解はわかりませんが、どんなものに子どもが夢中になるかは、たとえ親であってもわからないもの。となると、親ができることは、できるだけたくさんのものを見せ、触れさせ、「枠」を広げてあげることではないでしょうか。

▼子どもの「枠」について書いた記事はこちら
子どもの「枠」を広げるのは親の役目。子どもはその「枠」の中から好きなことを見つける。

もしかしたら、子どもは親が「これに興味を持ってほしい」「この習い事をやってほしい」と思うことには興味を示さず、全然違ったものにハマるかもしれません。

でも、それはそれで構わないし、その子が見つけたもの・選んだものを応援してあげられる親でありたいと思います。

子どもが自分を追い越していくこと、自分にできないことをできるようになっていくことは、ちょっぴり悔しくて、ものすごく嬉しいものですから。


▼子どもの「枠」を広げる習い事はこちら
子供の習い事ガイド
子供の競技かるた(百人一首)の習い事はおすすめ? 口コミと体験談

子どもの「枠」を広げるのは親の役目。子どもはその「枠」の中から好きなことを見つける。

公開日: : 最終更新日:2017/05/02 子育てのつぶやき

Twitterのタイムラインに流れてきたとっとこランサーさんの以下ツイートを読んで、思うところがあったので、このブログを書いています。


まずリンク先の記事「やりたいことがわからないなら、「枠」を広げるべきだ。」を読んでください。

タイトルの通り、やりたいことがわからないなら、「枠」を広げるべきであるという主張と、その理由が書かれており、基本的に大人に向けた内容なのですが、私が感じたのは、「あぁ、これって子育ても同じだな。」ということでした。

続きを読む

劇団四季のミュージカル「リトルマーメイド」は子ども料金設定ありで家族で楽しむのにおすすめ

公開日: : 最終更新日:2018/05/18 子どもとお出かけ

劇団四季のミュージカル 名古屋四季劇場
昨日、次女と劇団四季のミュージカル「リトルマーメイド」を観てきました。
チケットを取ったのが昨年秋のことで、それから数か月ずーっと楽しみに待っていたのですが、ようやく観に行けました!

劇団四季 名古屋四季劇場
私が行ったのは名古屋四季劇場。JR「名古屋駅」から徒歩約13分のところにある、2016年10月16日にオープンしたばかりの新しい劇場です。

「リトルマーメイド」はこの名古屋四季劇場のオープニングを飾る作品で、すごい人気ぶりのため、一般販売ではチケットも取りづらい状況が続いています。

(だから私も昨年秋に今年3月のチケットを取ってずっと待っていた次第。)

続きを読む

次女、6年間続けたスポーツ少年団(ソフトボール)を卒団。親子ともどもやり切った達成感!

公開日: : 最終更新日:2017/04/29 スポ少(ソフトボール)

卒団式でもらった花束
先週末、次女のスポーツ少年団の卒団式がありました。

小1の春(6歳)で入団し、丸6年ソフトボールを続けた次女。最後の一年間は娘はキャッチャーでキャプテンという重要な役目を任され、私は保護者の代表としてリーダーを務め、親子ともども忙しかったけれど、充実した時間が過ごせました。

無事に終えることができたという安堵感と、娘を誇らしく思う気持ちと、そしてやっぱり少しさみしさの混じった複雑な心境です。

続きを読む

子どもが小学生のうちにいっしょにたくさん旅行に行ってよかったと、小学校卒業を目前にして思う。

公開日: : 最終更新日:2017/05/06 子育てのつぶやき


うちの娘は2003年6月生まれの長女と、2005年1月生まれの次女の年子姉妹。
来月、下の子が小学校卒業を迎え、4月には中学校に上がります。

ほんのちょっと前に上の子が中学生になったばかりのような気がするのに、もうすぐ下の子も中学生になるなんて、本当に月日の流れるのは早いもの。

二人とも小学生だったときは、スポーツ少年団のソフトボールチームに所属していて、毎週土日はソフトボールに明け暮れていました。長女はそのまま中学校でもソフト部に入り、好きなソフトを続けているのですが、小学生のスポ少と中学生の部活ではぜんぜん活動時間が違っていて、なかなか長女と次女の休みが合いません。

続きを読む

次女の小学校最後の冬休みと、年末年始の話。

公開日: : 最終更新日:2017/05/06 子育てのつぶやき

今さらという感じですが、あけましておめでとうございます。

私はフリーランスで基本的には自宅でひとりで仕事をしているため、仕事始めというものは特にないのですが、3が日も明け、今日から夫も出勤、長女も部活が始まったので、なんとなく今日から平常モードという感覚。

年末年始はまったくといって良いほどパソコンを開かなかったので、いきなり通常ペースには戻せなくて、ゆっくりめの始動です。三連休があけるころには調子も取り戻せているかな?と思っています。

続きを読む

無料でもらえる! 新年度に向けて幼児・小学生用の通信教育・通信添削学習の無料体験セット

公開日: : 最終更新日:2017/05/06 子どもの習いごと, 小学生の家庭学習

だんたんと年末が近づいてきて、お子さんの新年度に向けての予定(入学説明会、進学進級に必要な用品の購入)も少しづつはっきりしてきたころではないでしょうか。

新年度から新しい家庭学習・通信教育を考えている人も少なくないことと思います。

幼児・小学生向けの通信教育・通信添削学習を提供している各社では、新年度に向けて無料体験セットや教材サンプルセットのプレゼントを行っています。

すべて無料なので、気になるものを一通り取り寄せて、自分のお子さんにどの教材があっているのかを確かめてみるのも良いかもしれませんね。年度末になってからあわてて決めるよりも、冬休みなど時間のあるときにお子さんに取り組ませて、じっくり考えてみるのがおすすめです。

続きを読む

子どもがお小遣いで買ってきたもの

公開日: : 子育てのつぶやき

もみじ
昨日の放課後、お友達とショッピングモールに買い物に行きたいという次女(小6)がいうので、車に次女とお友達2人を乗せて連れてきました。

彼女たちが買い物をしている間、私はマクドナルドでコーヒーを飲みながら本を読んで時間をつぶし、その後、買い物を終えた娘たちと合流して帰宅。

続きを読む