年子姉妹とたのしむ育児

年子姉妹の子育て、小学校生活、家庭学習、子どもと過ごす毎日の暮らしについて、母親の視点で書くブログ

*

子どもが歯と歯茎を強打。歯を打つ、歯をぶつけると永久歯はどうなる? 影響は?

      2017/05/06


img_9874
子供が幼稚園や保育園、または小学校の校庭で遊んでいるときに、転んだり、遊具から落ちたりして、歯と歯茎を強く打った経験があるという方は、少なくないのでは。



先日、育児ブログ おにぎりフェイス.comに、「子供が幼稚園で歯と歯茎を打ったので帰宅し歯科に直行した話」が掲載されていました。

転んだり、遊具から落ちたりしたわけではなく、子供が友達とふざけていて、水筒が顔面に当たってしまったケースのようです。(痛そう・・・)

すぐに歯科医に連れて行き、診察をしてもらったところ、歯の上の歯茎の内出血という診断で、とりあえず歯には問題がなさそうとのことで、ホッとしました。


うちの次女が前歯と歯茎を強く打った話


以前このブログにも書いたことがあるのですが、うちの次女も、幼稚園のときに歯を歯を打ったことがあります。園庭の遊具(ジャングルジムか何かの高さがある遊具)で遊んでいて、顔面から落下したのです。

痛くて大泣きしている娘は、歯で口の中と唇を切って、出血もしていました。すぐに口腔外科併設の歯科に行き、診察と処置をしてもらい、歯が折れているわけではないのでとりあえず大丈夫でしょう、ということで帰宅したことを覚えています。

(※口の中が傷ついている場合は、口腔外科併設の歯医者で診てもらうのが良さそうです。裂傷の処置などをしてもらえます。)

そのときはまだ乳歯でしたが、歯を強打して歯の神経を損傷してしまったため、しばらくすると乳歯が薄茶色に変色してしまいました。

再度、歯医者さんに診察に行くと、「今後生えてくる永久歯は(茶色くはならず)白いはずなので、心配ない。」と言わ、そのままにしていたのですが・・・




いつまでも乳歯が抜けず、永久歯がおかしな位置に


数年後、問題が起こりました。

乳歯から永久歯への生えかわりの時期になって、(歯肉の中で)永久歯が下りてきてきているのに、乳歯がまったく抜けなかったため、下方向に行けない(出口のない)永久歯が、前面に出てこようとしてしまったのです。

歯の定期健診でそのことが発覚し(その時点ではまだ歯はかろうじて歯肉の中にあった)、乳歯を抜く処置をして、歯肉を切開して永久歯を出しました。

子供 乳歯 永久歯
そんなわけで、前歯(真ん中の2本)のうち1本は、隣の歯の斜め上にある、という状態になってしまったのです。(上写真参照)

時間が経過すれば自然と歯の位置が揃ってくるかも・・・と期待していたのですが、顎が細く、歯がきちんと並ぶだけのスペースがないので、自然と位置がきれいに揃うというのは難しいことが判明。

女の子ですし、前歯なので、さすがにこれはかわいそうだと思い、小学2年生から矯正歯科で小児歯科矯正を始めました。

小児歯科矯正にかかる費用


最初に検査料4万+治療費30万(税別)を支払い、その後は診察に行くたびに毎回診察料が3,000円(税別)を支払います。(治療費の中には矯正の装置フルセットと、その後作り直しをする場合の装置の料金がすべて含まれていました。)

なお、歯科矯正は子供(小児)の場合であっても、審美目的という扱いになり、健康保険やこども医療費の対象外になってしまいます。つまり、全額自己負担。(※病院によっては分割払いなどを受け付けてくれるところもあります。)

ただし、大人の審美歯科とは異なり、小児の場合は「健康は歯の成長のため」という目的があるので、医療費控除の対象にはなると言われています。このあたりは法律にかかわる部分なので、必ずご自身で詳しく調べてくださいね。

歯科矯正を初めて4年半経過後の永久歯


最初のころは月1回ペースで通院していましたが、5年目になる現在は3か月に1回程度の通院で済んでいます。矯正はすべての歯が永久歯に生えそろうまで、または中学1~2年生くらいまで続くようで、まだ終了はしていないのですが、それでもこの通り、歯並びはかなりきれいになりました!

子供 歯 歯科矯正 (2016年9月18日撮影・娘11歳)

上唇をめくると歯と歯茎の位置が(隣の歯と)同じではないのがわかりますが、歯の先端は揃っているので、めくらない限りは特に気になりません。

※あくまで私の娘のケースなので、症状や経過には個人差があると思います。

子供が歯や歯茎を打ってしまったら


娘の茶色く変色した入歯や、へんな位置に生えてきてしまった永久歯を見るたびに、なんども「幼稚園のころに遊具から顔面落下しなかったら、歯を打っていなかったら・・・」と思いましたが、起きてしまったことはどうしようもありません。

事故が起こらないよう気を付けるのはもちろんですが、幼稚園や保育園にいる最中のできごとなど、親の目が届かないケースもあります。

もし、歯と歯茎を強くぶつける、打つ、などの事故が起こってしまった場合は、「歯が折れてないからいいや」などと思わず、必ず歯科医(できれば口腔外科併設の歯科医)を受診し、しっかりと診断をしてもらうことをおすすめします。

そして、子供が乳歯のときに歯を強く打ったという方は、そのときは大丈夫そうでも、定期的に歯科検診を受け、永久歯がちゃんと出てくるかどうかを気にかけておきましょう。うちの娘のようなケースでは、歯科矯正も視野に入れる必要があるかもしれません。

(なお、歯科矯正をすると、どうしても歯に汚れが付着しやすく、虫歯になりやすくなります。せっかくお金をかけてきれいな歯並びを手に入れるために歯科矯正をするので、虫歯にならないよう、ふつうよりも念入りな歯のお手入れが必要になります。低学年~中学年の頃までは親がしっかりと仕上げ磨きをすることを勧められます。)

永久歯は一生付き合う大切な歯なので、私は多少お金がかかっても、できるだけのことはしていきたいと思っています。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


 - 子どもの体と健康