年子姉妹とたのしむ育児

年子姉妹の子育て、小学校生活、家庭学習、子どもと過ごす毎日の暮らしについて、母親の視点で書くブログ

*

インフルエンザB型・・・長女に続き、次女も罹患

   


リレンザ
日曜の朝に長女が熱を出し、月曜に病院で検査をしてもらったところ、インフルエンザB型と診断されました。リレンザ(吸入薬)を処方してもらったものの、月曜・火曜は高熱が続き、ようやく今日(水曜)になって、37度台まで下がってきたところです。


ところが、今度は次女が熱を出し、今日学校を休ませて病院へ連れて行ったところ、やはりインフルエンザB型でした。できるだけ家の中もマスクをさせて、長女の布団も別の部屋に敷いていたのですが、同じ家の中にいると、うつってしまうんですね・・・。

今週いっぱいは二人とも出席停止なので、家でおとなしくさせることになりそうです。私は自宅で仕事をしているので、こういうとき看病をしながら、スキマに自分の仕事もできるので助かっています。でも、私自身がインフルエンザになってしまうとどうにもならないので、うつりませんように!と祈るような気持ちです。


インフルエンザについて

病院から、「インフルエンザについて」というプリントをもらいました。
インフルエンザの治療について、タミフルの異常行動の報告があってから、10代の方へのタミフルの使用は原則禁止になっているそうです。
(※異常行動については、今のところ薬との因果関係がはっきりしておらず、タミフルなどの抗インフルエンザ薬を飲んでいない方でも症状はでているとのこと。)

そんなわけで、長女(10歳)はリレンザを出してもらって吸入していますが、リレンザは喘息を誘発することがあるそうで、喘息もちの次女はリレンザでなく、タミフルを出してもらいました。ふたりとも、薬が早く効いて、熱が下がるとよいのですが・・・。


娘たちの通う小学校でもインフルエンザが流行していて、学校内で3クラス、学級閉鎖ではないのですが、給食後下校という措置が取られています。このままインフルエンザによる欠席者が増えれば、学級閉鎖になる可能性もあるみたいです。

どうぞ、みなさんもお気を付けくださいね。
マスクや、手洗い・うがいなどももちろんですが、栄養バランスのよい食事をして、しっかり眠って、体力&抵抗力をつけることも大事かと思います。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


 - 子どもの体と健康