年子姉妹とたのしむ育児

年子姉妹の子育て、小学校生活、家庭学習、子どもと過ごす毎日の暮らしについて、母親の視点で書くブログ

*

1泊2日のサマーキャンプ@愛知県北設楽郡

      2017/05/07


キャンプ用リュック
娘たちの小学校は、7月19日に終業式があり、20日から夏休みに入っています。

夏休みになってすぐの土日(つまり先週末)、子どもの入っているスポーツチームの夏休みの恒例行事の1泊2日キャンプに、親子で参加してきました。



大きな地図で見る

今回利用したのは、愛知県北設楽郡にある「きららの里」という野外宿泊施設。

段戸湖周辺の段戸原生林(通称:きららの森)を望む設楽町田峯裏谷地内にあり、夏でも涼しく、近くには小川も流れていて、とてもよいキャンプ場です。

ただし、山奥なので、行き帰りにかなりクネクネ山道を通らないといけない&ドコモ以外は携帯の電波が届かない点が要注意。

きららの里 ログハウス
ログハウス内
私たちは大所帯だったので、ログハウスを一棟貸切で使わせてもらいました。

太い丸太で作られた立派なログハウスは、中も広々していて、とても清潔です。

シャワーやトイレも完備されています。大勢で宿泊するときは、一棟にまとまっていると、行き来がラクで、雨が降ってもあまり困らないし、便利ですね。

ログハウス 個室
中には個室が7部屋あり、二段ベッドと布団が用意されていました。(シーツと枕カバーはレンタル)

私、キャンプ場で寝るときって、畳か板の間に雑魚寝で、寝具はせいぜい毛布一枚というイメージだったのですが(実際、今まで止まったキャンプ場はそんな感じ)、ここのログハウスはちゃんとベッドがあり、敷布団・掛布団・枕も用意されていて、もうホントに快適でした。^^ 

段戸原生林のすぐ近くにあるので、夏でもひんやりしていて、朝晩は肌寒いくらい。

IMG_4487
川遊び、魚つかみ、バーベキュー、カレー作り&飯盒炊飯、スイカ割り、花火、ゲーム、怪談と、もう盛りだくさんで、慌ただしい一泊二日のキャンプでしたが、とっても楽しかったです♪

6年生&5年生のお母さんたちが、キャンプ場の下見から、いろいろな手配や食材の準備までをしてくださって、ありがたい限りでした。私も娘が高学年になったら、がんばらないと!

ほかの子どもたちも写っているので、写真のアップができませんが、娘たちも本当に楽しかった様子。思い出に残るキャンプになりました。(^^)

まだまだ夏休みは始まったばかり。たくさん遊んで、たくさん勉強して、充実した夏休みにしたいものです!


スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


 - サマーキャンプ