年子姉妹とたのしむ育児

年子姉妹の子育て、小学校生活、家庭学習、子どもと過ごす毎日の暮らしについて、母親の視点で書くブログ

*

ソフトボール 長女はキャッチャー、次女はファーストへ

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ソフトボール 長女はキャッチャー、次女はファーストへ
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook

ソフトボール キャッチャー

最近、ブログに娘たちのスポ少(ソフトボール)のことを書いていませんでしたが、相変わらず、毎週土日はほぼすべてソフトボールをしています。
先週土曜日には試合があり、私も当番で同行したのですが、なんと異例の一日4試合という組み合わせで! 普通は1日2試合までということが多く、まれに1日3試合ということもあるのですが、4試合って・・・初めてかも。カンカン照りではなく、曇り空だったのがせめてもの救いですが、それでも蒸し暑かったです。



秋の新人戦を目指して、守備の変更


今まで、長女(小5)はファースト、次女(小4)がライトを守っていたのですが、スポ少では秋頃から新人戦(6年生を除いて、5年生以下のメンバーで行う試合)が増えてくるので、それを見越して、最近は新しいポジションの練習が増えてきています。

肩が良い長女はキャッチャーに任命されるらしく、同学年の新ピッチャーの子とバッテリーを組んで、練習をしています。長女曰く、「ファーストも面白いけど、私はキャッチャーのほうがやりがいを感じる」とのことで、やる気満々。最初は速い球を受けるのが怖かったみたいだけれど、今は「どんな球でも取ってやる!」と張り切っています。大変なこともあるだろうけど、ぜひ頑張ってもらいたいです。

次女は、ライト→ファーストへ。長女と同学年のチームメイトが数人いるのですが、小1の4月からやっている次女のほうがソフト歴が長いので、内野に任命してもらえたようです。(って、正式任命はまだなので、たぶんそうなりそう。)ライトに比べて、球に触れる機会が格段に増えると思います。これまで以上に頑張らないとね!

球技が全くダメな母(私)は、キャッチボールの練習には付き合えないけれど、車出しや、おむすび・お茶・スポーツドリンクの用意など、できることで応援していきたいと思います。夏場の炎天下のグランド、冬場の凍えそうなグランドに長時間立つのは、もちろんラクではありません。でも、娘たちと同じ方向を目指して、かかわりあって、こんなにも密な時間を過ごせるのは、小学生のうちだけかもしれないと思うと、大変なときも含めて、そうした時間もしっかり楽しまなくちゃ、もったいないですよね。
母娘共通の記憶が、きっと人生の宝物になってくれると信じています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


 - スポ少(ソフトボール)