年子姉妹とたのしむ育児

年子姉妹の子育て、小学校生活、家庭学習、子どもと過ごす毎日の暮らしについて、母親の視点で書くブログ

*

どうしても手放せない10冊ちょっとの絵本

      2017/05/06


手放せない絵本
長女の小学校卒業を機に子どもの部屋の大掃除。幼児~低学年向けの絵本・児童書を友達に譲ったり、ブックオフのオンライン宅配買取を利用したり、リサイクルに出したりして処分したけれど、どうしても手放せないものが10冊ちょっとあります。


いないいないばあ
うずらちゃんのかくれんぼ
きんぎょがにげた
はらぺこあおむし
どんなにきみがすきだかあててごらん
スイミー
はじめてのおつかい
わすれられないおくりもの
しろいうさぎとくろいうさぎ
100万回生きたねこ
手袋を買いに
星の王子さま

友達からプレゼントしてもらった本もあるし、自分で買った本もあるけれど、どれも何十回、何百回子どもに読み聞かせした本ばかり。

『いないいないばあ』や『きんぎょがにげた」なんて、ページをめくるたびに子どもが笑ってくれるのが嬉しくて、毎晩のように読んだなあ。
次女は小さいころ「きんぎょ」が言えなくて「きんご、きんご」と言っていたっけ。懐かしくて、しあわせな記憶です。

この10冊ちょっとの絵本だけは、やっぱりどうしても捨てられない。

▼こちらの記事もおすすめです♪
フィンランド・メソッドで本が好きになる「100冊読書日記」


スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


 - 児童書 絵本 子ども向けの本