年子姉妹とたのしむ育児

年子姉妹の子育て、小学校生活、家庭学習、子どもと過ごす毎日の暮らしについて、母親の視点で書くブログ

*

小学生スケート教室に参加。滑れるようになるかな?

      2017/05/06



隣の市のスケート場で、冬期(10月~2月頃まで?)に小学生スケート教室が開催されていることを知ったのは去年のこと。1期が全4回となっており、1期だけの参加も連続参加もOK。4回の受講で、滑走料、貸靴料、受講料込みで2,400円(1回あたり600円)とリーズナブルなのもありがたい♪

*
とても魅力的に感じたものの、去年は長女が小1、次女が幼稚園年長だったので、次女は申し込めず、見ているだけでは次女が飽きてしまうだろうと思い、諦めて、子どもといっしょに1日スケート教室を受講するにとどまりました。



そして、今年、次女も小学生になったので、姉妹そろって申し込みをし、受講することができました。

昨日が受講初日(1回目)で、スケート自体2年ぶりくらい?だったので、かなりヨロヨロの子どもたち。なんども尻もちをついて、「お尻が冷たいよー」と言っていましたが、けっこう楽しそうでした。^^

最初は逆ハの字に足をそろえるところから始まり、氷上で足踏み、ペンギン歩きなどを練習し、刃でひょうたんの形を描くように足を広げたり閉じたりしながら滑る・・・というところまでやって、第1回めは終了。1時間半ほどでしたが、体は冷えるし、足は痛いしで、子どもたちはずいぶん疲れた様子でした。
(リンクの外で見ている親もすっかり冷えてしまいましたが。)

うちの娘たちは、平日に習いごと2つ(習字とピアノ)、土日祝はスポ少のソフトボールをやっているので、習いごとをこれ以上増やすことはできません。(家計的にも、時間的にも。)

でも、こういった単発や短期の○○教室は、時間さえあえば参加できるし、いろんなことを体験できるので、興味のあるものは参加させてやりたい、と思っています。

ものすごく上手にならなくても、レジャーとしてスケート場へ行ったときに、ある程度滑れるくらいになっていたら、本人も楽しいと思うんですよねー。

今回の小学生スケート教室は、残りあと3回。全4回終了するころには、どれぐらい滑れるようになっているか、楽しみです♪


スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


 - 子どもの遊び