年子姉妹とたのしむ育児

年子姉妹の子育て、小学校生活、家庭学習、子どもと過ごす毎日の暮らしについて、母親の視点で書くブログ

*

映画館で「借りぐらしのアリエッティ」を観てきました。

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 映画館で「借りぐらしのアリエッティ」を観てきました。
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook


昨日、家族で映画館に出かけて、映画「借りぐらしのアリエッティ」を観てきました。
・・・といっても、私自身はアリエッティ公開直後にひとりでレイトショーを観にいっていたので、(*うちの最寄りの映画館は、レイトショーは一律1,000円なので、たまに夫に子どもの寝かせつけを頼んで夜一人で映画を観に行くのです。^^)、今回は夫と長女、次女の3人だけで中に入ってもらい、私は同じ商業施設に入っているお店をぶらぶらしてのんびり待っていました。
(ちなみに入場料は、夫はメンズデーで1,000円、子どもたちはフリーペーパーについていた200円OFFクーポンを持って行ったので、小学生1,000円→800円、幼児900円→700円でした。映画館で観る映画は特別なものですが、まともに通常料金でいくと高いですから、できるところで節約しなくちゃ。^^)


映画自体の私の感想は、ストーリー展開の起伏がゆるやかで、やや盛り上がりに欠ける&(宮崎監督の作品に比べると)メッセージ性が弱いという印象は受けましたが、絵は抜群に美しいし、音楽もすごくよかったと思います。セシル・コルベルさんの歌はとても印象的ですね。(「Arrietty’s Song」、好きだな~。)

▼真ん中の三角をクリックすると動画が視聴できます。(音楽が流れます。)


子どもたちも(どこまでストーリーを理解できているかはさておき)、飽きることなく熱心に見入って楽しんでいたようです。


帰宅後、長女(小1)のかいた絵日記。文章は裏面に続いているのですが、途中から絵日記ではなく、映画紹介文(?)みたいになっていたので、助言して軌道修正させました。(映画のストーリー説明に終始してしまっていたので、「それをみて自分はどう思ったか?」を書くように促しました。)

ちなみに、長女は自分の描いたアリエッティの絵が、アリエッティに似ていない!と不満だったようです。^^; 「お母さんもアリエッティ描いてみて!」と言われたので私もチラシを見ながらお絵かき。


似てますかねぇ?

[この記事は、レビューポータル「MONO-PORTAL」にトラックバックしています]

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


 - 子どもとお出かけ