年子姉妹とたのしむ育児

年子姉妹の子育て、小学校生活、家庭学習、子どもと過ごす毎日の暮らしについて、母親の視点で書くブログ

*

3泊4日のホームステイ受け入れを親子で楽しみました♪

      2017/05/06


ホームステイ受け入れ

昨年12月~今年1月まで約6週間、オーストラリア人の女の子(16歳)のホームステイ受け入れを体験した私たち家族。今回またご縁がありまして、3泊4日の短期ホームステイの受け入れをさせていただきました。今回は、ノルウェーから来た23歳の女の子で、交換留学生として4月から東京の大学に通う予定で、すでに東京にある国際交流シェアハウスに入居しているとのこと。
今回は、その国際交流ハウス(ボーダレスハウス)のプログラムで、日本の地方で一般家庭の生活を知る、という目的でわが家に来てくれました。


ノルウェー人の女の子のホームステイ受け入れ


手巻き寿司
彼女はお刺身も海苔もOKとのことだったので、初日のお昼は手巻き寿司。

手巻き寿司
今回、お友達の家にお邪魔して大勢で手巻き寿司を楽しみました。

ノルウェーはここ!
「あった!」 地球儀でノルウェーの場所を探す子どもたち。

折り紙
いっしょに折り紙をしたり。

たこ焼きパーティー
たこ焼きパーティー!

登校
登校する子どもたちに、行ってらっしゃい!

カード
娘たちも彼女にとてもなついて、お別れの朝にはこんなお手紙を手渡していました。

「Velkommen」というのはノルウェー語で「ようこそ」の意味。英語のwelcomeとちょっと似てますね。

カードを受け取った彼女は、娘のことをぎゅーっと抱きしめてくれました。3泊4日の短い期間だったけれど、楽しい時間を共有できて、すてきな思い出をいっぱい作れました。わが家に来てくれてありがとう!


Geiranger Ffiord Norway ~dailyshoot
Geiranger Ffiord Norway ~dailyshoot / Leshaines123


私は今回のホームステイ受け入れをするまで、ノルウェーのことをほとんど知らなかったのですが、今回彼女と知り合って、お互いの国のことを(日本語&英語で)たくさん話して、ノルウェーのことをぐっと身近に感じられるようになりました。

ノルウェーがどこにあるか知らなかった次女も、しっかり地図と地球儀でノルウェーの場所を覚えました。ホームステイ受け入れを体験し、いろいろな国の人と出会うことで、娘たちの世界がどんどん広くなっていくといいな、と思っています。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


 - ホームステイ受け入れ