年子姉妹とたのしむ育児

年子姉妹の子育て、小学校生活、家庭学習、子どもと過ごす毎日の暮らしについて、母親の視点で書くブログ

*

おかえり! 長女(小1)、3泊4日のサマーキャンプを終えて

公開日: : 最終更新日:2010/09/03 サマーキャンプ


昨日、長女(小1)が3泊4日のサマーキャンプから帰ってきました。
少し日焼けをして、泥だらけのTシャツで、指先や肘にばんそうこうを貼って、でも嬉しそうな顔でバスから降りてきた長女。おかえり!

家に帰る車の中で、沢のぼりが大変だったけれど楽しかったこと、仲間たちとナイトハイクをしたこと、星空がものすごく綺麗で、夏の大三角形を見つけたこと。
野菜を切っているときに包丁で指を切ってしまったけれど泣かなかったこと、現地でとれたトマトがびっくりするぐらいおいしかったこと、火起こしの係を頑張ったこと。
川遊びをしたこと、ドラム缶風呂に入ったこと、最後の夜はキャンプファイヤーをしてみんなで「ビリーブ」という歌を歌ったこと・・・。興奮しながら話してくれました。

よほど疲れていたのか、帰宅するとすぐに眠ってしまった長女。お疲れさま!

続きを読む

長女(小1)、3泊4日のサマーキャンプへ

公開日: : 最終更新日:2010/08/31 サマーキャンプ

「じゃあ、行ってきます!」
そう元気に手を振って、長女(小1)が昨日から3泊4日のサマーキャンプに出発しました。

信州の山の中で、家族と離れて3泊4日のアウトドアライフ。

『きれいな山や川の中で仲間たちと協力して暮らし、めいっぱい遊ぶ。
夜はこぼれてきそうな星空を眺めながら流れ星を探し、仲間と語らい、そして眠りにつく。』

そのキャンプのパンフレットには、そんな言葉がありました。
明後日お迎えにいったら、日焼けして少したくましくなった長女に会えるかな。^^

.
長女のいない家の中はいつもより少し静かで、なんだか落ち着きません。
今頃、星空のしたで、仲間たちと並んで寝袋に入っているのかな・・・

沖縄発!子どもにも安心して使える「アロマの日やけどめ」

公開日: : 子ども用品 子供服


この夏、子どもといっしょに使っている「アロマの日やけどめ

沖縄子育て良品という会社の商品で、沖縄のママさんたちが、「沖縄の暑い陽射しから子どもを守ろう!」と開発したUVクリームです。子どもたちにも安心して使えるように…と、紫外線吸収剤ではなく、肌に負担の少ない紫外線散乱剤を使用。
原材料にもこだわっていて、合成着色料、防腐剤、合成香料は無添加。
沖縄の伝統ハーブ・タイリン月桃のハーブウォーター、宮古島産のアロエベラから抽出したアロエベラ葉エキス、水深620mの久米島海洋深層水のミネラルを含むニガリなど、沖縄特有のお肌にやさしい素材もたっぷり使っているそう。
ラベンダー精油が入っていて、気分の落ち着きつくラベンダーの香りがします。

続きを読む

YAC (財)日本宇宙少年団とは

公開日: : 最終更新日:2010/09/09 子育てのつぶやき

先日夫と子どもたちが、懸賞で当選したキョロちゃんミュージカルに行ってきたのですが、そのときのお土産袋(会場で帰りに渡されるもの)の中に、森永製菓のお菓子に交じって、YAC (財)日本宇宙少年団のパンフレットが入っていました。
ミュージカルのテーマが「キョロちゃんの宇宙旅行」というものだったので、その関連でこのパンフが入ったのだと思われます。

続きを読む

意思伝達装置「レッツチャット」存続のための署名

公開日: : 子育てのつぶやき

(別ブログにも書いた内容ですが、子育て中の皆さんにも知ってほしかったのでこちらにも投稿します。)

友達のブログで知ったのですが、障がい者のための意思伝達装置レッツチャットというものがあり、その製品は身体的に意思を伝えることが困難な人にとって命綱となっているそうです。

もし自分が、意識はちゃんとあるのに体を動かせず声も出せない状態になってしまったとしたら・・・。まわりの人に自分の気持ちを伝えるためのツールがあったらどんなに助けられることか、想像に難くありません。
「あなたに気持ちをつたえたいよ」(←クリックするとpdfファイルが開きます)では、

「意識があるのに、言葉を発することのできない僕はまるで透明人間で身体の位置などの不具合を訴えたくても訴えられません。 それ以上に自分自身がここにいるという存在を気付いてもらえないこと、他人にわかってもらえないことの孤独感と絶望感は相当なものでした。」
(「あなたに気持ちをつたえたいよ。」誌面より引用)


と、コミュニケーションの手段を失うことの恐ろしさを綴っています。

この意思伝達装置「レッツチャット」ですが、在庫限りで販売が終了してしまうのだそうです。現在レッツチャットに助けられている人は、販売が終了してしまったらどんなに困ることでしょう。

レッツチャットを息子さんがお使いになっている池原さんという女性が、レッツチャットの存続をパナソニックの社長さんにお願いをする署名を集めているそうです。趣旨に賛同していただける方、署名してもいいと思われる方がいらっしゃいましたら、ぜひ下記ブログ記事をお読みになって、署名に協力していただけると嬉しいです。(もちろん私も署名します。)

▼詳細はこちら
「レッツチャット存続の署名をお願いします。」(いちじくりん)

ツイッターをされている方はこの記事をツイートしてくださると嬉しいです。

映画館で「借りぐらしのアリエッティ」を観てきました。

公開日: : 子どもとお出かけ


昨日、家族で映画館に出かけて、映画「借りぐらしのアリエッティ」を観てきました。
・・・といっても、私自身はアリエッティ公開直後にひとりでレイトショーを観にいっていたので、(*うちの最寄りの映画館は、レイトショーは一律1,000円なので、たまに夫に子どもの寝かせつけを頼んで夜一人で映画を観に行くのです。^^)、今回は夫と長女、次女の3人だけで中に入ってもらい、私は同じ商業施設に入っているお店をぶらぶらしてのんびり待っていました。
(ちなみに入場料は、夫はメンズデーで1,000円、子どもたちはフリーペーパーについていた200円OFFクーポンを持って行ったので、小学生1,000円→800円、幼児900円→700円でした。映画館で観る映画は特別なものですが、まともに通常料金でいくと高いですから、できるところで節約しなくちゃ。^^)

続きを読む

長女と二人で喫茶店

公開日: : 子どもとお出かけ


次女の幼稚園は夏休み中の登園日が多いので、次女が幼稚園に行っている日は私と長女のふたりで過ごすことが多くなります。今朝は次女を幼稚園に送って行ったあと、珍しく長女だけを連れて喫茶店に行ってきました。長女と二人で飲食店に入ることはほとんどないのですが、たまにはこういうのもいいかな、と思って。

行ったのは近所の喫茶店。アンティークっぽいインテリアが素敵で雰囲気のよい、お気に入りのお店です。私はホットコーヒー、長女はアイスココアを頼みました。
(モーニングで、トーストとフルーツヨーグルトがサービスで付いてきました♪)

30分ほどの短い時間ではあったけれど、ゆっくりおいしいコーヒーを飲んで、長女と向き合っておしゃべりをして、リフレッシュできました。場所が変わると気分もかわります。夏休みとはいえ、家の中ばっかりだと、お互い煮詰まってしまいますもんね。長女も私を独占できたからなのか、喫茶店へ行くという”特別”が嬉しかったのか、ニコニコしていました。

そういえば、私は小学生時代、数年間にわたって月に1~2回ほど遠方の病院通いをしていたことがあり、学校を早退して母親の車で病院へ連れて行ってもらっていました。その病院の帰り、母ばときどき喫茶店に寄ってくれることがあり、妹たちには内緒でジュースを飲ませてもらったり、パフェを食べさせてもらったりするのが嬉しくて仕方ありませんでした。あの感覚に近いのかな~。

今度は長女がいないときに、次女とのデートもしなくっちゃ。^^

真面目で融通の利かない長女

公開日: : 子育てのつぶやき


小1の長女は、良く言えば真面目、悪く言えば融通の利かない性格です。
例えば、小学校から出されている夏休み用のワーク(1日1枚)があるのですが、「明日は朝から晩まで出かけるから、今日2枚(今日の分と明日の分)やっておこうか。」と言っても、「今日の分は今日やらなきゃいけないし、明日の分は明日やらなきゃいけない(=今日やってしまってはいけない)。」と頑なに拒否するのです。
(予定を変えたり、臨機応変な対応をするのが苦手みたいなのです・・・)
内心、「もうちょっと要領よくいこうよ・・・」と思わないでもないですが、真面目なのは長女のよいところでもあると思うので、無理強いすることはしませんでした。

でも・・・
ワークとは別に「朝顔の観察日誌」というものがあり、毎朝育てている朝顔の花の咲いた数を書く課題があるんです。
今日、おばあちゃんち(私の実家)に泊まりがけで遊びに行く計画を立てていたら、「皆で泊まりにいっちゃうと、朝顔の数がかけないから、おばあちゃんちには行けない。」と泣きだしてしまいました。
私は、「じゃあ、その日のところだけ、おばあちゃんちに泊まりに行っていたのでわかりません、て書いたら?」と提案したのですが、「朝顔の花の数を毎朝書くのは宿題だもん、宿題はやらなきゃいけないんだもん・・・」と泣きながら抗議。

「じゃあ、あーやのクラスの子は、朝顔があるから、だれも旅行とかおばあちゃんちに泊まりにいけないのかな?」と少し意地悪く聞いてみると、「多分そうだと思う。」との返事。思わず、「そんなことあるわけないでしょ!」と言ってしまいました。
観察日誌をきちんとつけるのは偉いいけれど、そのために夏休みにしかできないこと(旅行や帰省)を諦めるなんて・・・。

決して不真面目になれと言っているわけではないのですが、もう少し”臨機応変”というものを身につけて、「こうするのがベストだけど、こうできなかったらああしよう」と柔軟に考えられるよう、導いていきたいものです。

名古屋市科学館でプラネタリウム キッズアワー

公開日: : 最終更新日:2012/12/28 子どもとお出かけ

名古屋市科学館入場券
先週の金曜日、家族で名古屋市科学館へ遊びに行ってきました。いちばんの目的はプラネタリウム! 14時30分~の上映がキッズアワーといって、幼児~小学校低学年とその保護者向けの、小さい子でも楽しめる内容のプログラムになっていたので、その時間にあわせて行ってきました。

(名古屋市科学館のプラネタリウムといえば、2011年3月に新館がオープンすることが話題になっていますね。新しくできるプラネタリウムは、ドーム径35mと世界一のドームの大きさになるんだそうです。開館したら、ぜひ行ってみたい!
しかし、今回は新しいプラネタリウムではなく、従来のプラネタリウムのお話です。)

続きを読む

小学校の理科室で「スライム」作り体験 スライムの作り方

公開日: : 工作 お絵かき 作品

スライム
長女の通う小学校で、夏休みの親子ふれあい教室というものがあります。
親子で、料理づくり、踊り、スライムづくりなどを体験するのですが、うちはその中の「スライム作り」を長女がやりがったので、申し込みをして、先日行ってきました。

スライム作りの会場は、小学校の理科室。
理科室に入ると、黒板に「スライムの作り方」が書かれていました。
続きを読む