年子姉妹とたのしむ育児

年子姉妹の子育て、小学校生活、家庭学習、子どもと過ごす毎日の暮らしについて、母親の視点で書くブログ

*

美濃白川クオーレふれあいの里(岐阜県)でキャンプ

      2017/05/06


美濃白川アウトドアリゾート クオーレふれあいの里

岐阜県のキャンプ場 美濃白川クオーレふれあいの里


娘たちのスポーツチームの仲間と毎年夏休み恒例のキャンプに行っていました! 今年の行先は、岐阜県加茂郡白川町にある「美濃白川アウトドアリゾート クオーレふれあいの里」というキャンプ場。

ここ、すごく人気のあるキャンプ場らしく、今回の宿泊は今年のお正月明けに電話してなんとか取れたというほど。(※予約開始日は、ご利用予定月の半年前から)
まぁ、私たちは約30人の団体で、バンガロー4棟を借りたかったので、急ぎましたが、家族で1棟だけ借りたいとかなら、そこまで急がなくても借りられるかもしれません。


環境が整っていて、バンガローも新しくてきれい!


実は、私たちが今回キャンプに行ったときは、台風11号の影響で残念ながら雨でした。キャンプ場の脇を流れる川も、前夜からの大雨で増水しており、楽しみにしていた川遊びをするには無理な状況でした・・・。

仕方のないこととはいえ、やっぱりキャンプ場ではお天気が良いのがいちばんですね!

以下、5月上旬にキャンプの下見に行ったとき(晴天)に撮影した「美濃白川アウトドアリゾート クオーレふれあいの里」の写真をアップします。

バンガロー

美濃白川アウトドアリゾート クオーレふれあいには、6人用~30人用まで様々なタイプのバンガローが全26棟あります。建物の周囲はフリースペースなので、テントやタープを設営してもOK。

私たちは、8人用(コンセント付)タイプ(10,000円)を2棟と、10人用(コンセント付)タイプ(12,000円)を2棟借りました。

(上写真の「5」「6」は8人用)8人用(コンセント付)タイプは、平成25年以降に建築された新しく使い勝手の良いタイプで、一番人気のバンガローとのこと。中はまだ木の香りがして、とてもきれいです!

8人用(コンセント付)タイプ バンガロー室内
8人用(コンセント付)タイプ 室内
8人用(コンセント付)タイプ ロフト
ロフト付なので、子どもたちにとってはちょっとした秘密基地気分♪


10人用(コンセント付)タイプ
10人用(コンセント付)タイプには、便利な屋根下のスペースがついているので、今回のように雨天のキャンプには重宝します。

なお、コンセントなしの6人用・9人用・10人用バンガローもありますが、そちらのバンガローはかなり古いです。中は見ていませんが、外観は結構年季が入っている様子。値段は安いですが、単純にコンセントの有無だけではなく、新しさときれいさの違いもあるので、バンガローを選ぶ際はご注意を。

個人的には新しくてきれいなコンセント付をお勧めします。

温水シャワー
温水シャワー(3分100円)。シャワー室は4つありました。

バーベキューハウス
私たちは利用しませんでしたが、有料のバーベキューハウスもあり。イス、釜、道具がついているので、手軽にバーベキューが楽しめそうです。定員10名なので、大所帯だと難しいかもしれませんが。


雨の日のキャンプ場(クオーレふれあいの里)


さて、ここまでは5月上旬の晴天時に撮影した写真ですが、ここからは7月18日~19日に撮影した雨天時のキャンプ場の写真です。

キャンプ場
どんよりとした曇り空で、山には霧がかかっています。

川
川の水も茶色く濁り、増水して流れも早そうです。とても近寄れません。

子どもたちは清流で水遊びするのを楽しみにしていたのですが、残念。

カレー作り
キャンプの定番・カレー作り。子どもたちが主となって野菜を切ってくれました。

バーベキューコンロ(鉄板・金網つき)は5人用が1,000円、10人用が1,500円でレンタルできます。炭は別売りですが、若干割高なので、ホームセンター等で買って持っていくほうがよいかもしれません。

鍋は300円でレンタルできました。直火なので、外側が煤で真っ黒になるし、取っ手まで火がくるので、鍋は家庭用のものをもっていくよりレンタルがおすすめ。

バーベキュー
バーベキュー。

花火
花火。

直火でポップコーン
直火でポップコーン。

チームメイトの子どもたちの顔が写っているのであまり写真はアップできないのですが、あいにくの天候ながら、みんなキャンプを楽しんでいました♪ 

雨がひどい時はバンガローの中でトランプやウノをしたり、夜には怪談で盛り上がったり。中にはキャンプが生まれて初めてという子もいたのですが、「楽しかった!」と言ってもらえてよかったです。^^

朝の川
翌朝の川の様子。雨が上がって、川の色もきれいになっていました。

美濃白川アウトドアリゾート クオーレふれあいの里は、自動車の場合、東海環状自動車道「美濃加茂IC」より国道41号線を北へ40分。

白川口交差点より、県道62号線を東へ約5分で到着します。名古屋からもアクセスしやすく、設備も整っているので、子連れのキャンプにおすすめのキャンプ場です。

(ただし、人気なので早めの予約を! 予約状況はクオーレふれあいの里公式サイトにて確認できます。)

次に行くときは、お天気の良いときで、清流で水遊びができるといいなぁ。

以上、岐阜県のキャンプ場、美濃白川アウトドアリゾート クオーレふれあいの里の宿泊レポでした。

◆施設情報◆
美濃白川アウトドアリゾート クオーレふれあいの里
〒509-1104 岐阜県加茂郡白川町和泉181-1
TEL(0574)72-2462
FAX(0574)72-2189


スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


 - サマーキャンプ