年子姉妹とたのしむ育児

年子姉妹の子育て、小学校生活、家庭学習、子どもと過ごす毎日の暮らしについて、母親の視点で書くブログ

*

実はミシンのないわが家。母子で使える初めてのミシン選び

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 実はミシンのないわが家。母子で使える初めてのミシン選び
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook

女性の目線で開発された選べる3色ミシン【SP10】

過去にも書いているかもしれませんが、私は裁縫が苦手。手縫いもミシンもできることならば避けて通りたいほどで、子どもの手提げ袋や巾着をハンドメイドで作るお母さんに憧れつつも、私には到底ムリ・・・と最初から諦めていました。結婚するときと、長女が幼稚園に入るときに、「やっぱり、一家に一台ミシンは必要なんじゃないか?」と悩んだのですが、結局買わず、十年以上ミシンなしでなんとかなっていました。
(手縫いで裾上げをしたり、ゼッケンを縫い付けたりするくらいだったので。)


今ミシンがほしい理由は、小学校高学年の娘


しかし、現在、「やっぱりミシンを買おうかな」という気持ちになっています。
それというのも、長女が6年生になり、家庭科でミシンの使い方を習うようになったから。5年生の次女は、家庭科の授業は始まったばかりですが、やはり来年にはミシンを習うわけですよね・・・。中学生や高校生になったら、家庭科で何か(エプロンとか?)を作ってきなさい、という宿題も出るのでしょうか。

私は高校生のとき、家庭科の宿題でキュロットスカートを作らなくてはならず、ものすご~く苦戦した覚えがあります。なにしろ、当時実家にあったのは、祖母が使っていたギッコンバッタンの足ふみ式ミシン。学校の家庭科室にあったミシンとあまりにも使い勝手が違い、どうしてもうまくできなくて、ミシンに対する苦手意識だけが高まっていきました。(それが、大人になってからも尾を引いている気がします。)

娘たちには、私のようにミシンに苦手意識を持ってほしくないし、せっかく学校でミシンの使い方を習ってきたのなら、家で何かを作ってみたくなるかもしれません。娘たち自身がミシンをきちんと使えるようになれば、私の代わりに自分の縫い物を自分でしてくれるようになるかもしれない・・・という下心も。^^

あ、でも、すっかりミシンの使い方を忘れてしまった私も、もう一度使い方を覚えてみようかな、という気持ちも少しあります。難しいことはできないだろうし、するつもりもないのですが、ミシンでごく簡単な縫い物ができるようになったらいいな、と。


ミシンを初めて使うビギナーにおすめのミシン SP10


アイシンミシン SP10

そんなことを考えていた私は、先日、アイシンミシンを実際に見てきました。

私が裁縫全般が苦手で、凝ったことはできないしするつもりもないことを伝え、基本的なことが一通りできるシンプルで使いやすいミシンを欲しいと思っているとスタッフさんに伝えると、「それなら迷わず、SP10をお勧めします」と言われました。

 

アイシン精機のSPシリーズは女性の声から生まれたミシン。以下に特徴を引用します。

1. グッドデザイン賞を受賞したスタイリッシュなデザイン インテリアとしてのデザイン性を追及し、出しっぱなしでもお部屋の雰囲気を損ないません。

2. 女性目線で開発されたシンプルで使いやすい機能 初心者でも使い方がすぐにわかるワンポイントナビ、力の要らない操作レバーやダイヤル、 使用頻度の高いものから厳選された縫い模様など、ミシンを使う女性の「あったらいいな」が 随所に盛り込まれています。

3. 世界有数の自動車部品メーカーだからこそできる安心設計 使いやすさをいつも考えている自動車部品メーカーだからこその視点で、 作業姿勢や動作に配慮した人間工学設計になっています。

笑顔のたまごより引用)


SPシリーズには、SP10とSP20の2種類がありますが、ざっくり違いを説明すると、SP10は初心者にも使いやすい基本のミシンで価格も控えめ。ミシンを使う上で必ず必要になる針、糸、ボビンをセットしたお得なパッケージの販売価格が 22,778円(税込 24,600円)です。正直、ミシンってもっと高いと思っていたのですが、2万円台前半でちゃんとしたミシンが買えちゃうんですね!

アイシンミシン SP10

それに対して、SP20は、もっと本格的にミシンを趣味にしたい人向けのモデルで、SP10よりもより機能が充実していて、価格もアップしています。大きな布を縫うときに便利な「拡張テーブル」やフットコントローラーを付けたパッケージの販売価格が 41,667円(税込 45,000円)です。

私の場合は完全な初心者で、発展的な機能は使いこなせないと思うので、基本モデルのSP10が良さそうです♪ シンプルですっきりしたデザインも気に入りました。^^
現在、娘たちとも相談して、購入を前向きに検討中です!


 

ミシンのカラーは、マシュマロホワイト、セサミブラック、ショコラブラウンの3色で、一番人気はショコラブラウンだそうです。私もショコラブラウンが一番おしゃれだな~と感じました。これなら出しっぱなしにしておいても違和感がなさそうです。

こんな人におすすめ!


アイシンミシンSP10は、2万円台前半というお手頃価格で、基本的な機能が一通りついているシンプルで使いやすいミシン。「初心者にもやさしいシンプル機能」「スタイリッシュなデザイン」「お手頃価格」がポイントですね。

私のように、「ミシンが苦手で、今まで買わずに過ごしてきたけれど、子どもが家庭科でミシンを習うようになったら、やっぱり家にミシンがあったほうがいいんじゃないかな~」、「基本的なことが一通りできればいいので、買うならあまり高くないミシンがいいな。と思っている方、SP10はそんなニーズにぴったりのミシンだと思います。

女性目線で開発されたミシンSP10ミシン



ミシンといっしょに何を購入すればいいの?


【追記】
SP10パッケージの購入ページに、

※6月1日よりパッケージ商品をリニューアルさせていただきます。現在のパッケージをご希望の方は5月31日までにご注文をお願い致します。


と書かれており、どういうリニューアルなのか(ミシン本体が変わるのか、セット内容が変わるのか、値段はどうなるか)が気になったので、問い合わせをしてみました。

すると、「パッケージの内容ですが、各パッケージ共に付属品の内容が変わります。 また、付属品の内容が変更されますので、価格帯も合わせて変更となります。」との返信がありました。次回のパッケージでは、付属品を見直し/追加するため、価格も現在のものより上がるらしいです。となると、価格で選ぶなら、5月中に購入するのが良さそうですね。(逆に、値段が上がってもいいから付属品が充実しているほうがいい、という方は6月以降の購入が良さそうです。)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


 - 子ども用品 子供服