年子姉妹とたのしむ育児

年子姉妹の子育て、小学校生活、家庭学習、子どもと過ごす毎日の暮らしについて、母親の視点で書くブログ

*

お菓子の紙箱を展開して、画用紙で再現してみる

      2014/06/06

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - お菓子の紙箱を展開して、画用紙で再現してみる
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook

お菓子の箱

お友達から信州のお土産をいただきました♪
「りんごとチーズのしっとりバー」、チーズ風味が濃厚でおいしかったです。

さて、本題はお菓子の中身ではなく、その箱のほう。このお菓子の箱(紙製)がユニークな形をしていたので、「いったいどんなふうになっているんだろうね?」「真似して作れるかな~・・・」ということになり、長女が画用紙で再現を始めました。



お菓子の箱

まずはお菓子の箱を開いて、画用紙の上に重ねてなぞります。

画用紙で展開図を再現

その後、カッターナイフを使って枠線を切り取っていきます・・・・
実はこれを書いている今、作成途中で完成には辿り着いていないのですが(※朝ごはんの前に取り組んでいたのですが、時間切れ)、完成したらまた写真をアップしますね。

それにしても、ユニークなかたちの箱を見つけて、同じものを画用紙で再現してみよう!という発想をするのは、わが子ながらなかなか目の付け所が面白いです。こういうのが空間認識能力UPにつながって、図形問題等に役だつ基礎知識になるのかしら。
好奇心に突き動かされ、楽しみながらそういう力を伸ばして行けるのはとってもいいな、と思いました。^^

(あと、カッターナイフの使い方の練習にもなるハズ!)


【6/6追記】完成しました♪ 蓋も同じように作って、カラーペンで好きな模様を描いて仕上げたそうです。もう少し厚みのあるボール紙とかで作ればなお良かった気がするけど、かわいいオリジナルボックスができて、娘は満足そうです。(^_-)-☆

工作

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


 - 工作 お絵かき 作品