年子姉妹とたのしむ育児

年子姉妹の子育て、小学校生活、家庭学習、子どもと過ごす毎日の暮らしについて、母親の視点で書くブログ

*

最近子どもと観た映画(DVD) 「天使にラブソングを…」ほか

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 最近子どもと観た映画(DVD) 「天使にラブソングを…」ほか
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook

天使にラブ・ソングを… [DVD]

図書館で「天使にラブソングを…」のDVDを借りてきたので、昨晩家族で観ました。
夫も私も見たことはありますが、ちゃんと観るのは十数年ぶりかも・・・


ウーピー・ゴールドバーグ主演で贈る、修道院を舞台に、売れない歌手と
シスター達が巻き起こす騒動を描いたハートフル・コメディ。


娘たちといっしょなので日本語吹替で観ましたが、歌のところだけは”英語音声+字幕”だったので、この作品の魅力である歌の部分もしっかり楽しめました♪
娘たちも面白かったようで、「続編(天使にラブソングを…2)があるよ」と教えると、「2も借りてきて!」とリクエストされました。

修道院とか、シスターとか、宗教的戒律とか、文化的に(?)、子どもたちにはまだ理解が難しい部分もあるようでしたが、テンポのいい映画なので、飽きることなく最後まで楽しめた様子。数年前は、子どもといっしょに映画(DVD)を観るといえば、「子どもの観たい作品に私が付き合う」かたちでしたが、ここ1~2年かな? 子どもがアニメ以外の洋画なども観られるようになり、同じ作品をいっしょに楽しめるようになって、ほんと嬉しいです。特に、ハリー・ポッターや、ロード・オブ・ザ・ロングなどのファンタジーものは、私も娘(特に長女)も大好物♪


「天使にラブソングを…2」といえば、ローリン・ヒルが出てるお話ですよね。
そちらも十何年前に観たきりだから、私もまた見たくなっちゃいました。「Joyful Joyful」とか「Oh happy days!」がいいんですよね~。(*^-^*)
(・・・という話をSNSでしたら、妹が「私はローリン・ヒルがピアノに合わせて歌う「His eyes on the sparrow」が大好き!と言ってました。)


子ぎつねヘレン [DVD]


もうひとつ、邦画ですが、やはり図書館で借りてきた「子ぎつねヘレン」のDVDも、先日子どもと観ました。
わが家では猫を飼っていることもあり、子どもと動物がテーマになっている作品は、子どもたちも感情移入しやすいかな~と思って、選びました。

カメラマンの母親の仕事の都合で北海道にいる獣医のもとに預けられた小学生の太一。彼はある日、母親からはぐれた子ぎつねを発見。子ぎつねにシンパシーを感じて拾ってしまった太一だが、実は子ぎつねは目も耳も鼻も不自由だった。
そこで太一はヘレンと名づけて親代わりに育て始めるのだが…。


北海道の自然風景はとても美しくて、動物たちも魅力的でしたが、「泣ける」映画ではなかったかな~・・・(私にとっては。) Amazonのレビューを読むと、「感動で涙が止まらなかった」という投稿もあったのですが、正直、そこまで物語に入り込めなかったです。ヘレン(子ぎつね)はとてもかわいいんだけど、「こういうシーン、どうやって撮ったんだろう?」とか、そういうことを考えちゃいました。

この映画には原作があり、そちらはノンフィクションらしいので、今度は本のほうを借りてこようと思っています。(原作本のほうが映画より評価が高いみたい。)

子ぎつねヘレンがのこしたもの (偕成社文庫)


スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


 - 子育てのつぶやき