年子姉妹とたのしむ育児

年子姉妹の子育て、小学校生活、家庭学習、子どもと過ごす毎日の暮らしについて、母親の視点で書くブログ

*

映画「マジック・ツリーハウス」、観てきました。

      2012/01/10

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 映画「マジック・ツリーハウス」、観てきました。
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook



昨日から公開されている映画『マジック・ツリーハウス』を娘と一緒に観てきました。
上映劇場を調べたら、近場で上映しているところがなく、電車で名古屋駅前のミッドランドスクエアまで出かけてきましたよ~。初日、しかも3連休中ということもあり、混んでいるかなと思ったのですが、そこまでは混んでいませんでした。

*

「マジック・ツリーハウス」?105分?? –
監督: 錦織博 – 出演者: 芦田愛菜, 水樹奈々, 北川景子, 山寺宏一, 真矢みき
全世界で9200万部を売り上げるメアリー・ポープ・オズボーンの人気児童文学を日本のスタッフがアニメ映画化したファンタジー大作。本を開くだけで自由自在に時空を超えることのできる仲よし兄妹のジャックとアニーが、ネズミに姿を変えられてしまったモーガンを救うべく4つの隠されたメダルを求めて壮大な冒険に旅立つ!


映画は、書籍の1巻と7巻のお話(短い冒険4編)を盛り込んだ内容で、なかなかうまくまとまっていると思いました。子ども向けではありますが、兄弟愛や、思いやり、勇気、優しさなどがちりばめられており、クライマックスもちゃんとあってハッピーエンドなので、親子一緒に楽しめる映画だと思いました。

マジックツリーハウスのシリーズ本にハマっている長女は、思い入れが強かった分、映画の世界に入り込んで、ジャックやアニーといっしょに冒険を楽しめたようです。本をまだ読んでいない次女も、「あの本はまだ少し難しいけれど、面白いお話だったから、長い本が読めるようになったら読んでみたい!」と言っていました♪

帰りに長女は映画館の売店でマジックツリーハウスの下敷き(300円)を自分のお小遣いで買って、ニコニコしながら帰ってきました。私も子どもの頃、自分のお小遣いで好きなアニメの下敷きを買って、ものすごく嬉しかった覚えがあるので、帰りの電車でずーっと下敷きを眺めていた長女の気持ちがよくわかりました。^^


▼劇場情報、予告編はこちらから
映画「マジック・ツリーハウス」公式サイト


【関連記事】 長女(小2)の最近読んだ本、ハマっている本

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


 - 子どもとお出かけ