年子姉妹とたのしむ育児

年子姉妹の子育て、小学校生活、家庭学習、子どもと過ごす毎日の暮らしについて、母親の視点で書くブログ

*

長女と次女、スポ少のソフトボールチームに入団

      2011/04/28

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 長女と次女、スポ少のソフトボールチームに入団
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook

girls of summer IXgirls of summer IX / tinkerbrad

こちらにも少し書いたことなのですが、スポ少に入ることになった経緯を・・・)

2週間ほど前に、長女と次女を連れて、小学校のスポ少(スポーツ少年団)であるスポーツボールチームの体験練習に参加してきました。
ふたりとも幼稚園時代はカワイの体操教室をやっていたのですが、卒園と同時にやめたため、何か体を動かすことをさせてあげたいな・・・と思っていたのが参加のきっかけ。

*
とはいえ、私自身特にソフトボールに興味があったわけではないし(ちなみに私は野球にも興味なし)、子どもたちもソフトボールがどんなスポーツなのかよくわかっていなかったのですが、うちの小学校のスポ少の場合、男子は野球、女子はソフトボールしか選択肢がなかったのです。
だから、無理強いをする気もなかったし、「娘たちが興味を持って『やりたい』と言えばやらせるし、『思ってたのと違う、やりたくない』と言えば、体験だけでおしまいにするつもりで、気軽な気持ちで体験に参加を申し込んだ、という次第。
(スポ少は一般の習い事よりも低料金でできることと、家から近い小学校グラウンドが主な練習場所になるので、やらせやすかった、というのもあります。)

体験の日は、参加者を主役にした練習メニューを組んでくれてあって、バットやグローブ、そしてソフトボールを持つのが初めての娘たちも、ボールを投げたり、台に固定してあるのを打ったり、キャッキャッと楽しそうに練習に参加していました。
このチームは5~6年生のお姉さんが多いので、珍しい「低学年の子」であるうちの娘たちの相手を親切にしてくれて、娘たちはそれも嬉しかったみたい。^^

結局、体験が終わるころには、長女も次女も口をそろえて「ソフトボール、やりたい!!」と言うので、毎週末練習があること、暑い夏も寒い冬も外で練習をするからハードなことを話し、「楽しいだけじゃないよ、がんばれる?」と確認しましたが、二人とも気持ちが変わらなかったので、入団申し込みをしてきました。
4月中は体験という形で、5月から正式入団することになる予定です。
昨日の日曜日も、隣の小学校との練習試合があり、うちの子たちはもちろん見学なのですが、楽しそうに着いていってました。(ホントは当番じゃない日は私は行かなくてもいいんだけど、どうも気になって見に行っちゃいます。^^;)

スポ少は、土日祝ほとんどすべてが練習(または試合)になるので、慣れるまではハードだと思うけど、娘たちの今後の成長がとっても楽しみです。


▼体験に参加した日の長女の日記(父と子の交換日記
長女の日記

今日、すごいことしたよ!!
それは、(だいなし)バットでボールをうったことです。
もちろん、とおくにはいかなかった。でもうったよ!!
すごいでしょ~
おもいバットをふってうったんだよ!! はじめて!
今日、ソフトボールをやった中で、一ばんうれしかったことは、
バットでボールをうったことだよ!


(原文のまま転載。「だいなし」というのは「台無し」のことで、台に固定してあるボールではなく、飛んできたボールを打ったという意味です。やたら感嘆符の多い日記ですが、それだけに長女の興奮がよく伝わってきました。^^)

私も今年は小学校のPTA役員と、スポ少のお手伝いと、ダブルで忙しくなりそうですが、できるだけ楽しめるようにがんばるぞー。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


 - スポ少(ソフトボール)