年子姉妹とたのしむ育児

年子姉妹の子育て、小学校生活、家庭学習、子どもと過ごす毎日の暮らしについて、母親の視点で書くブログ

*

ソフトボール、初めて試合に出してもらいました

      2011/10/18

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ソフトボール、初めて試合に出してもらいました
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook

うちの娘たちが4月末から始めたスポ少(ソフトボール)。毎週土日(祝日があれば祝日も)に半日~一日の練習があり、それまで一時間と続けて運動をしたことのない娘たちにとってはかなりハードだったようです。
遠くへ試合に行くともなれば、朝5時起きで帰ってくるのは夕方…なんてこともあり、とにかく肉体的にしんどかった様子。練習から帰ってくると、ユニフォームも脱がずに寝てしまっていたのも、一度や二度ではありません。
「続くかなぁ?」と私も心配だったのですが、なんとかそこを乗り越えて、今に至ります。今は体力もついたようで、一日練習をしてきても、夕方公園で遊ぶほど余裕があるみたい。(たくましくなったなぁ~!)

*
さて、昨日の日曜日、娘たちは初めて試合(練習試合ですが)に出してもらいました。うちの団は6年生と5年生でレギュラーの9人が揃っているので、4年生以下の子たちは基本的には試合には出られません。
でも、11月に新人戦といって、6年生抜きで行われる公式試合があるので、それに備えての練習という意味で、うちの娘たちも出してもらうことができたのです。

長女(小2)はライト、次女(小1)はレフトで頑張りましたが、球は取れませんでした・・・。でも、次女がバッターのときにヒットを2本も飛ばし、まさか当たるとは思わなかったので、みんながワーッと歓声をあげてくれました。残念ながら1塁までたどり着けませんでしたが、1年生&初めての試合で、打てただけでもスゴイ!と褒めてもらい、とても嬉しそうな顔をしていました。こういうひとつひとつの「できた!「嬉しい!」という気持ちが、自信につながっていくのでしょうね。

長女はまったく打てず、取れず、で試合終了後ちょっと凹んでいたようですが、その悔しさをバネに、「次こそは!」という気持ちを持ってくれればと思い、フォローしておきました。
スポ小は、練習は大変だし、拘束時間も長いし、親も当番やら何やらで、親も子も決してラクではありませんが、その代わり、それを通して得るものもとても大きいと思っています。(体の面も、心の面も。)

来年以降、娘たちが試合で活躍する姿を見るのが、今からとても楽しみです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


 - スポ少(ソフトボール)