年子姉妹とたのしむ育児

年子姉妹の子育て、小学校生活、家庭学習、子どもと過ごす毎日の暮らしについて、母親の視点で書くブログ

*

YAC (財)日本宇宙少年団とは

      2010/09/09

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - YAC (財)日本宇宙少年団とは
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook

先日夫と子どもたちが、懸賞で当選したキョロちゃんミュージカルに行ってきたのですが、そのときのお土産袋(会場で帰りに渡されるもの)の中に、森永製菓のお菓子に交じって、YAC (財)日本宇宙少年団のパンフレットが入っていました。
ミュージカルのテーマが「キョロちゃんの宇宙旅行」というものだったので、その関連でこのパンフが入ったのだと思われます。

私は、YAC (財)日本宇宙少年団というものの存在は初耳だったのですが、理事長が松本零士さん(「銀河鉄道999」の作者)、団長が宇宙飛行士の毛利衛さん、副団長が同じく宇宙飛行士の古川聡さん、山崎直子さんと、その分野では有名な方ばかりで、なにやら興味がわいてきました。
YAC (財)日本宇宙少年団では、次世代を切り拓ける『宇宙時代の地球人』を目指して、科学工作、実験、自然観測、天体観察、野外活動、社会貢献活動などをしているそうです。
本部は神奈川県相模原市にありますが、日本全国に129もの分団があり、各分団ごとに活動を行っているようです。 ⇒全国の分団一覧はこちら

【主な活動】
次世代を担う子どもたちを対象にした、宇宙および科学に関する教育実践活動や国際交流の実施。月1~2回の分団活動を中心に実施。

  • 水ロケット製作・打ち上げ、ソーラーカーや紙飛行機などの工作・科学実験
  • 自然観察、天体観測
  • 宇宙関連施設見学
  • キャンプ、他の分団・海外との交流会
  • その他社会貢献活動

登録料2,000円(初回のみ)&年会費2,400円(1年)がかかりますが、年齢・性別問わず、宇宙に興味・関心のある方どなたでもYAC団員になれるそうです。
支部ごとに内容は異なるのかもしれませんが、うちの最寄りの支部の活動報告をみてみると、天体観測をしたり、星空キャンプをしたりととても楽しそう!
(でも、小1じゃあ、団員になる資格はあったとしても、どこまで理解できるかはちょっと不安。高学年のほうがより活動で得るものが多そうに感じます。)

宇宙や星に興味のあるお子さんをお持ちの方はチェックしてみては。

▼詳細
YAC (財)日本宇宙少年団

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


 - 子育てのつぶやき