年子姉妹とたのしむ育児

年子姉妹の子育て、小学校生活、家庭学習、子どもと過ごす毎日の暮らしについて、母親の視点で書くブログ

*

学習教材「月刊ポピー」のお試し

      2012/08/01

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 学習教材「月刊ポピー」のお試し
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook

月間ポピー

小学一年の長女のために、家庭学習教材「月刊ポピー」の無料お試しパックなるものを請求してみました。あのプロゴルファー石川遼選手も小学・中学の9年間この教材で家庭学習をしていた・・・という触れ込みの「月刊ポピー」です。(かくいう私自身も、子どものころポピーを毎月取っていました。なので個人的にはすごく馴染みのある教材です。)

今回無料お試しパックを請求して、届いたのは、

・ 小学ポピーからのお知らせ(ポピーの教材や内容についての説明冊子)
・ 家庭学習の手引き「家庭学習はなぜ必要か?」の小冊子
・ さんすうのワーク(1年10月号)+テスト1枚つき
・ さんすうの答えと手引き(親用)
・ そのほか案内のプリント数枚

お試しパックということで、”ちょうど今学校で習っているところ”のテキストが届くわけではありません。(現在は6月ですが、届いたのは10月号のテキストでした。)


DSC05778.jpg
さんすうのワークを開いてみると、3つの数の足し算(4+3+1=8のようなもの)が載っていて、「まだ習っていないし、わからないかなぁ?」と思いながら長女にやらせてみたところ、わかりやすい説明(文章例)のおかげか、ひとりで説くことができました! 
4+3+1=8はわからなくても、「とんぼが4匹いて、そこに3匹飛んできて、あとからまた1匹飛んできました。さぁ、ぜんぶでとんぼは何匹?」みたいな設問だとわかるみたいなんですよね。(興味の問題?)

他にも「かたちの認識」などの問題が載っていたのですが、娘にとっては「さんすうクイズ」のような感じだったらしく、「やりたい!」と進んでページを繰っていました。
子どもの性格にもよるかもしれませんが、うちの長女にとっては、ポピーのテキストは、「問題を解く楽しさ」「できたときの喜び」を感じやすい教材で、あっているのかも・・・と感じました。

私が同じ部屋にいて、1枚できたら丸つけをしてあげたり、わからないところがあったらすぐに対応してあげられたりと、”親子共同学習”ができるのもいいなーと思いました。(やらせっぱなし、ではなくて、一緒にやっているという感覚は、低学年の子どもには必要だと思うので。)

親用の「答えとてびき」の冊子には詳しい解説が載っているので、「これをどう教えたらいいんだろう?」というときも助かるし、子どものつまずぎを解消してあげる方法もよくわかります。
答えだけが載っているのではなく、「こういうふうに指導すると子どもが理解しやすい」というところまで書かれているのが好印象でした。


DSC05767.jpg
実際に受講をすると、毎月以下の教材が届くそうです。(※小学1年生の場合。)

・ ワーク(こくご、さんすう)・・・学校の授業にピッタリ合った内容の復習用ワーク。
・ ドリル(こくご、さんすう)・・・1日1枚のドリルで無理なく勉強の習慣をつける。
・ たんげんテスト(こくご、さんすう)・・・学校のテストと同じ観点別形式のテスト。
・ ポピーマガジンぴかり!・・・わくわく楽しい観察・実験やおたよりなどが載ったマガジン。
・ ポピーf(エフ)・・・おうちの方向けの子育てサポート小冊子
・ こころの文庫・・・それぞれの学年にふさわしい内容と無理のない分量の読み物。
・ ポピーがんばり台紙(したよシール付)

教材は、子どもが使っている教科書に対応したものを送ってくれるそうです。

気になるお受講料は、小学一年生の場合、月々払いの場合は一月あたり2,500円(税込)。半年払いをすると1,000円引き、一年一括払いをすると1ヶ月分サービスの特典があります。(なので、半年払いなら一月あたり2,333円、年払いなら一月あたり2,291円となります。)

CD-ROM教材や、凝った「ふろく」はついていませんが、その分良心的な価格なんじゃないかなぁと思います。また、入会時に図書カード’1,000円)プレゼントや、購読期間中ずーっと毎学期ごとに図書カード(500円)というのもあるので、親としてはちょっと嬉しいです。^^

娘は現時点で、こういう家庭学習教材をなにも購読していないので、ひとつくらいはさせようと考えていたのですが、良心的な価格で、内容も娘に合っている(と思う)ポピーに決めようかなと思っています。(まさか親子二代でポピーにお世話になるとは思っていませんでしたが。^^;)


▼ポピーに興味をお持ちの方は、詳しい資料と見本のワークを無料で送ってもらえます!

【詳細】 小・中学生向け家庭学習教材 ポピー

※兄弟姉妹がいる場合には、複数まとめて請求もできるようです。


スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでayanをフォローしよう!


 - 小学生の家庭学習